クリニックブログ

2015.01.26

線維化マーカー

いきなりタイトルが「線維化マーカー」となっていますが、線維化とは炎症によって引き起こされる線維芽細胞が増生し、組織が硬くなることをいいます。線維化の代表は「肝硬変」です。肝細胞がウィルスやアルコールなどによって炎症性に壊されると、そこに線維芽細胞が集まってきて組織を修復します。通常は炎症が治まれば線維化は消失しますが、持続的な炎症があると線維化した組織は不可逆性となり治らなくなります。最近線維化の程度を血液検査で鋭敏に感知できるようになってきました(保険外)。先日、日本とタイの研究者が集い、肝内胆管癌のバイオマーカー開発に関する国際プロジェクトのミーティングが東京であり、参加してきました。そこでは癌の発生は組織の線維化が関連しているという報告があり、その線維化を追っていけば癌の早期発見に繋がるだろうという内容でした。タイは寄生虫感染で胆管に慢性炎症が生じ、約20年ぐらいで胆管に癌が発生することが疫学的に証明されています。彼らは現在、胆管の線維化をエコーで追跡していますが、この線維化マーカーを合わせれば更に診断率が向上し、早期発見に繋がるだろうと予想しています。タイで早くこの検査ができるように日本がバックアップしていくことが重要です。本来の国際協力のあるべき姿だと思います。

投稿者: みなと芝クリニック


SEARCH



CATEGORY

  • Clinic Blog
  • Contact Form
  • みなと芝クリニック 女性サポート外来