腸内細菌と病気

腸内細菌のバランスを調べ、治療法を決定します

ヒトの腸内細菌は、Firmicutes門(乳酸菌、連鎖球菌、クロストリジウム属など)、Actinobacteria門(ビフィズス菌など)、Bacteroides門(バクテロイデス属など)、Proteobacteria門(大腸菌、サルモネラ菌、ビブリオ菌、ピロリ菌など)に属する細菌しか存在しません。

腸内細菌のバランスが崩れると病気に

腸内細菌のバランスが崩れると病気に

これらの腸内細菌は、腸内フローラ(細菌叢)を形成してヒトと共生することで代謝系や免疫系に影響を与えています。
腸内フローラは善玉菌と悪玉菌で構成されていますので、そのバランスが崩れると様々な病気が発生します。
例えば、放線菌群の仲間であるビフィズス菌が少ない乳幼児は、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患にかかりやすいと言われています。ビフィズス菌はリンパ球などの免疫細胞に作用して異常な免疫反応を抑えたり、腸管粘膜のバリアーを強化してアレルギー物質の侵入を阻止したりする働きがあるのです。一般的に、母乳で育った乳幼児や自然分娩児はビフィズス菌をたくさん持っていると言われています。

最近ではバクテロイデス・テタイオタオミクロンという菌の割合が減少し、Firmicutes門の細菌が相対的に増えると、肥満や糖尿病になりやすいという報告がありました。
テタイオタオミクロン菌には食物繊維を低鎖脂肪酸に分解し、脂肪の蓄積や血糖の上昇を抑える働きがあるからです。
また、バクテロイデス・フラジリス菌が増えると大腸がんの危険性が高まるという報告もあります。
潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の患者さんの体内では、クロストリジウム属の菌が減少し、Bacteroides門やProteobacteria門の細菌が増加していると指摘されています。

このように、腸内の細菌分布が何らかの原因で変化すると、体の恒常性が保てずに病気を発症してしまうのです。
予防のためにはまず患者さんの腸内細菌の状況を知ることが必要ですが、約400種類もあると言われている腸内細菌のDNA(遺伝子)をt-RFLP法という方法で網羅的に調べることが可能です。この方法で腸内細菌のバランスを判定し、治療法を決定します。
難治性の過敏性腸症候群や頑固な便秘症の方にも有用と考えられていますので、お困りの方はご相談下さい。検査料は30,000円(税別)となります。

大腸がん予防除菌療法

大腸がん予防除菌療法

ネイチャーという科学雑誌に掲載された、バクテロイデス・フラジリス菌が大腸がんの原因に成り得るという情報に基づいています。
この菌を除菌する抗生剤はピロリ菌除菌にも使用されていますので、安全性は確保されています。
除菌後は善玉菌を増やすことで、フラジリス菌を再増殖させないようにすることが大切です。

大腸の内視鏡検査について

腸内細菌のバランスを調べ、治療法を決定します

ヒトの腸内細菌は、Firmicutes門(乳酸菌、連鎖球菌、クロストリジウム属など)、Actinobacteria門(ビフィズス菌など)、Bacteroides門(バクテロイデス属など)、Proteobacteria門(大腸菌、サルモネラ菌、ビブリオ菌、ピロリ菌など)に属する細菌しか存在しません。

腸内細菌のバランスが崩れると病気に

腸内細菌のバランスが崩れると病気に

これらの腸内細菌は、腸内フローラ(細菌叢)を形成してヒトと共生することで代謝系や免疫系に影響を与えています。
腸内フローラは善玉菌と悪玉菌で構成されていますので、そのバランスが崩れると様々な病気が発生します。
例えば、放線菌群の仲間であるビフィズス菌が少ない乳幼児は、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患にかかりやすいと言われています。ビフィズス菌はリンパ球などの免疫細胞に作用して異常な免疫反応を抑えたり、腸管粘膜のバリアーを強化してアレルギー物質の侵入を阻止したりする働きがあるのです。一般的に、母乳で育った乳幼児や自然分娩児はビフィズス菌をたくさん持っていると言われています。

最近ではバクテロイデス・テタイオタオミクロンという菌の割合が減少し、Firmicutes門の細菌が相対的に増えると、肥満や糖尿病になりやすいという報告がありました。
テタイオタオミクロン菌には食物繊維を低鎖脂肪酸に分解し、脂肪の蓄積や血糖の上昇を抑える働きがあるからです。
また、バクテロイデス・フラジリス菌が増えると大腸がんの危険性が高まるという報告もあります。
潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の患者さんの体内では、クロストリジウム属の菌が減少し、Bacteroides門やProteobacteria門の細菌が増加していると指摘されています。

このように、腸内の細菌分布が何らかの原因で変化すると、体の恒常性が保てずに病気を発症してしまうのです。
予防のためにはまず患者さんの腸内細菌の状況を知ることが必要ですが、約400種類もあると言われている腸内細菌のDNA(遺伝子)をt-RFLP法という方法で網羅的に調べることが可能です。この方法で腸内細菌のバランスを判定し、治療法を決定します。
難治性の過敏性腸症候群や頑固な便秘症の方にも有用と考えられていますので、お困りの方はご相談下さい。検査料は30,000円(税別)となります。

大腸がん予防除菌療法

大腸がん予防除菌療法

ネイチャーという科学雑誌に掲載された、バクテロイデス・フラジリス菌が大腸がんの原因に成り得るという情報に基づいています。
この菌を除菌する抗生剤はピロリ菌除菌にも使用されていますので、安全性は確保されています。
除菌後は善玉菌を増やすことで、フラジリス菌を再増殖させないようにすることが大切です。

  • Clinic Blog
  • Contact Form
  • みなと芝クリニック 女性サポート外来